Top
養老渓谷
SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG MACRO HSM (1・2枚目)
AF Nikkor 50mm F1.8D (3~5枚目)


月崎駅でちょっと凹んだ撮り鉄。
今回は、沿線を早々に後にして(とはいっても3時間以上も一ヶ所にいたんですが)、車を山奥へと走らせました。
向かった先は沿線唯一(?)ともいえる観光スポット、養老渓谷にある「粟又の滝」。

e0101209_22394611.jpg

滝壺のスポットには2日前に解禁になった鮎を狙う釣り人の姿がありました。

e0101209_2240445.jpg

そもそも、この辺りに最初に訪れたのは小湊鉄道目当てではなかったんです。ブログのお仲間の皆さんが美しい滝の写真をUPしているのに刺激を受けて、千葉県唯一の滝名所である、ここ粟又の滝に来たのが初めてでした。
その時のブログはこちら♪

やはりブログのお仲間から刺激を受け、小湊鉄道に魅せられることになるのは、その時から約半月後のこと。以前から、すぐいろんな事に興味を持つ性格ではありましたが、ここまでこの房総路に通い続ける事になるとは、思ってもいませんでした。

で、この日なんで久しぶりに滝へ来たかというと・・・。
数日前、とーむす。とTVで滝の観光の様子を見ていて、(何の番組かは忘れてしまったんですが)「ねぇ、滝見てみたい。」というリクエストがありまして。そういえば、まだ滝って見せてやった事が無かったんだよね。じゃ、行ってみよっか?
という流れでして。

初めて生で滝を見た感想は・・・「なんか、水が少ないね。」
うん、確かに・・・。TVで見た滝は轟音を響かせて垂直に「落ちる」滝だったからねぇ。
こりゃ、那智の大滝とか袋田の滝とか、華厳の滝クラスに連れて行かんとイカンかな?

でも、「水が冷たくて、涼しいね♪」と、それなりに喜んでいたようではあります。

e0101209_2254382.jpg

e0101209_22544540.jpg
粟又の滝へ行くには、渓谷の奥底まで長い階段を下って行かなくてはなりません。当然、帰りは逆に登りとなるわけで。小雨もぱらついてきましたが、蒸し暑さは変わらず、二人は汗だくになってしまいました。

と、いう事で今回もう一つ約束していた場所、ごりやくの湯での露天風呂へ。


以前にも小湊鉄道へうやてきた時、養老温泉街の旅館でお風呂に入ったり、一泊したりと、とーむす。の温泉フリークぶりはお伝えして来ました。
家のお風呂が狭いコトもあるんでしょうね、とーむす。は本当に温泉が大好きなんです。特に最近は露天風呂に目が無く、この日も鳥たちのさえずりが聞こえるお風呂にご満悦でした。


お風呂あがり、美味しそうにコーラを飲み干す姿は、何となく雰囲気感じさせてくれたりしちゃいます。









e0101209_2334640.jpg

火照った体が落ち着いてきて・・・
「さ、そろそろ帰ろうか・・・」と言いかけたところで、「ねぇ、もう一回お風呂入っていこ♪」ときたのいは、さすがに笑っちゃったけどね。

早くも温泉好きの、おばさん方の楽しみ方じゃないすか?
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-06-18 23:06 | とぉ娘。(とーむす)

<< あじさい通り。 | ページトップ | 小道具。 >>