Top
CENTURIA 400
Nikon New FM2 / Ai-s Nikkor 50mm F1.4 / DNP CENTURIA 400

フィルムカメラの楽しみの一つは色んな種類のフィルムの違いを味わえること。
DNPフォトマーケティング社。印刷会社の大日本印刷の子会社からリリースされているカラーネガフォルムは何より値段が安いのが魅力です。
ヨドバシでは36枚撮りが200」円ちょっと。400UCとかが700円するのに比べるとお値打ち感は圧倒的です。

e0101209_22554598.jpg
e0101209_22555547.jpg

さて、この2枚の写真、違いがわかりますか?
左はフィルムをスキャナーで取り込む時、色補正を自動でかけています。右は補正なし。
このフィルムをよく使われているdonzieさんもおっしゃっていたように、補正なしでは、やや青味がかかったようになります。
e0101209_22594311.jpg

e0101209_22595653.jpg

この日は天気が良くなかったって事もあるのですけどね。
僕としては、補正なしの青味がかった感じも好きだし、補正されたものも自然でいいと思うんですよね。
でも、デジタルのようにレタッチで仕上げるっていうのはちょっと違和感があるんで、やっぱ僕も補正無し派でいこうかな?
e0101209_233282.jpg

e0101209_2333798.jpg

皆さんは、どう思いますか?
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2008-04-25 23:04 | カメラ&レンズ

<< フィルムカメラの楽しみ方 | ページトップ | 被写体 >>