「ほっ」と。キャンペーン
Top
<   2007年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
イベント
紙とんぼは今回のメインイベントではありません。
実はこの日のイベントを随分前から楽しみにしていたんです。

イベント開始時刻を30分過ぎた頃に会場に到着したのですが…

e0101209_22122031.jpg

ご覧の通り、長蛇の列が。

e0101209_22131560.jpg

列の先には、ミニ電車。
もちろん、こんな電車になど、既に7歳にして腰の入った「鉄ちゃん」のとぉ娘。&しーちゃんは満足しません。


e0101209_22154692.jpg

では、一体何のイベントに出かけたかと言うと、
「松戸に気球がやってくる」という名のイベントだったんです。
なんと、体験乗車(車っていうのか?この場合)も
できるという事で、二家族総出で出かけたんです。


しかし、この日は冷たい北風が朝からぴゅーぴゅー状態で
とても気球が飛べるコンデションではないようです。
会場には「しばらく様子を見て気球を飛ばすかどうかの判断をします」
とのアナウンスが。素人ながらに「ん~。確かに風は冷たいけど、
コレくらいの風ってこの季節なら当たり前じゃん?これで飛ばないって
いうなら、開催時期の設定そのものが間違ってるんじゃん?」と、思いながら
ぬるい豚汁で何とか凌いでおりました…。


主催者側は何とか間を持たせようと、熱気球の仕組みなどを集まった
観客に披露したりしておりましたが…。






さすがに、この寒風の下2時間ほど頑張りましたが。大人たちが限界を
むかえてしまったようで…。
退散とあいなったのでありました。




e0101209_2224373.jpg

結局、この日は気球が空に上がる事は無かったそうです。
とぉ娘。残念そうでした…。
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-02-26 22:25 | とぉ娘。(とーむす)
手作りの紙とんぼ
とある日のイベント会場。
しーちゃんと運動公園に行ってきました。

e0101209_21573165.jpg

会場の一角で、たけとんぼならぬ「紙とんぼ」の製作に取り組みます。

e0101209_21585492.jpg

「紙とんぼ普及会」という団体があるそうで、そのメンバーさん達の指導で
何とか、手作りの紙とんぼが出来上がりました。

最初はなかなか上手く飛ばないのですが、羽を曲げたり反らしたり、色々と
調整をして何とか綺麗に飛ぶようになってきました。

e0101209_2212941.jpg

e0101209_2215914.jpg

たけとんぼを飛ばした瞬間の写真って、結構難しいですね。
なかなかフレームの中に入ってくれませんでした。

e0101209_2241292.jpg

なかなかこんな体験も出来なくなってきましたね。
とても良いイベントだと思います。実は、この紙とんぼ作りがメインイベントではないんですが。
会場のあちこちで、子供たちの歓声があがっていました。

e0101209_227175.jpg

風が強く、とっても寒い一日でしたが、とぉ娘。は元気です。
楽しそうな笑顔が見れて良かったなぁ♪
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-02-25 22:08 | とぉ娘。(とーむす)
正解&真相
お待たせしました。正解の発表です。

とは言っても、ほとんど読まれていたようですね。
「欲望と熱狂」って簡単だったかなぁ?

e0101209_22182471.jpg

皆さん、正解おめでとうございます。
はい。中山競馬場です。

e0101209_22212011.jpg

実は私は「ギャンブル」というものには縁がありません。
競馬も昔、付き合いとノリで買った有馬記念で2連勝した事は
ありますが、その時も馬券は買ってきてもらったので。

じゃ、なんで競馬場に来たかというと、もちろん事情があります。

実は、この日とぉ娘。と一緒に4ヶ月ぶりの小湊鉄道に出かけようとしていたんです。
と、いう事でいつもの様に原木ICから京葉道に入り…
と、思ったらICの入口に「渋滞17㌔」の表示。

う~ん、どうしよっか…。そういえば途中、中山競馬場に向かう人がいっぱいいたなぁ。
そういえば、前から「お馬さん走ってるところ見てみたいなぁ」ってとぉ娘。言ってたし。
うん、予定変更だ。競馬場へGO!

となった次第であります。






e0101209_22292663.jpg

ところが、この日は中山でのレースはなし。
いっぱい居た人は、要は「Wins」状態だったんですね。
でも、家族連れもいっぱいいて子供たちの元気な声が響いていました。

e0101209_22323998.jpg

そんな中、とぉ娘。が喜んで遊んでいたのが、トランポリンのような山?
風が強くて見てるこちらは結構寒かったのですが、上着を脱ぎ捨てて大はしゃぎでした。

e0101209_22345942.jpg

結局この日は馬券を買うこともなく・・・(買い方が良く分からなかったんですが)。
でも、広々とした公園で遊べたとぉ娘。は結構満足したようです。

小湊行きたかったのが本音ではあるんですが…。

e0101209_2237353.jpg

公園に置かれていた、野菜…。
あ、そっか。
馬の食べ物なんだ。

あ。一部で物議を醸し出していた(笑)、D80の件ですが。
もちろん、私のモノではありません。

しーままのD80です。ちょっと羨望の眼差し感じませんでした?
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-02-23 22:37 | とぉ娘。(とーむす)
お詫び
どこで撮った写真でしょう?
なんて記事をUPして、コメントいただいておきながら
なかなか返事が出来ずに申し訳ございません…。


お返事&正解(なんか、ほとんど読まれてるという話もありますが)は、
もう少々お待ちいただきたく…。

e0101209_2356156.jpg


金曜日くらいにはUPできると思いますので。


※なお、画像と当ブログ主の機材には何の脈略もありません(笑)。
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-02-21 23:57 | その他
光の射す方へ。
さて、どこで撮影した写真でしょう?

e0101209_2232035.jpg

ヒント?
人々の欲望(?)と熱狂が渦巻く場所です。

e0101209_2233335.jpg

わかりましたか?

e0101209_22334691.jpg

天気が良かったって事だけは、分かる写真ですね。

正解は次回♪
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-02-18 22:34 | とぉ娘。(とーむす)
夕暮れどきだけのお楽しみ。
河童の噴水を撮影していると、段々太陽が低い位置へと降りてきました。
冬の太陽は結構急ぎ足です。

e0101209_23574696.jpg

この日の天候は晴れ。
気温は高めでしたが、北風が結構強く空気も澄んでいるようでした。

e0101209_005934.jpg

と、なると・・・

前から狙っていたあのシーンが撮れるかもしれない。
急いで手賀沼の東端へ。地元のカメラマンには有名な場所へと移動です。

その場所には、やはり数人のカメラマンが三脚を並べていました。
皆さん、「今日は見えそうだね。」とその時を待ちます。







そして「その時」。
(なんか、NHKにそんなタイトルの番組があったなぁ)

e0101209_053895.jpg

眩しい光を放つ太陽が、山の向こうに姿を消すと、微かに浮かび上がるシルエット。

e0101209_073391.jpg

そう。はるか彼方に聳える富士山がその姿を現しました。

e0101209_083971.jpg
千葉県北西部、すぐ北は茨城県というこの手賀沼から富士山が見渡せるんです。
この辺りで富士山が撮れるのは、角度や地形的にココくらいという事で、
手賀沼の有名な撮影スポットになっているというわけなんです。


もちろん、晴れていればいつでも見えるという訳ではなく、
冬の比較的風が強い、空気が澄んでる夕方でないとなかなか
姿を確認できないそうです。























e0101209_0122362.jpg

やっぱり、日本人だなぁ。
富士山が見えると得した気分になってしまいます。
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-02-17 00:14 | 風景
河童の噴水
以前、河童の記事をUpしたとき、「ここは噴水なんです」って種明かしは済んでましたね。
今日は、やっとその噴水が稼動してるところをカメラに収めてきましたので、その様子を。

e0101209_22522583.jpg


e0101209_2253219.jpg


この噴水、いつも稼動してるわけではなく、情報も無いまま
気長に待つつもりで出かけました。
何度かすぐ側を通る手賀大橋を通った事はあっても、噴水が
水を噴き上げてるところは実は見た事が無かったのです。

恐らく、毎時00分とかにあがるのかな?と目星をつけて行ったところ…。


まぁ、結局その通り稼動してくれて、寒い北風に吹き曝される前に撮影
する事が出来た次第です。

朝のシルエットも絵になり、最近お気に入りの河童ですが、
夕陽をバックに水を噴き上げる姿も、なかなかです。

















e0101209_22583262.jpg

丁度通りがかったコブハクチョウ一家の飛翔をバックに。
今日、お気に入りの一枚です。

e0101209_230528.jpg


最後にNXで思いっきり補正して…。
「ゴールドのシャンパン」のイメージで仕上げてみました。

e0101209_232582.jpg

ちょっと大袈裟な補正ですが、実際に眼にした時このイメージが涌いたもので。
狙いとしては面白いでしょ?
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-02-13 23:03 | 風景
ひとときの賑わい
かしてつシリーズ最終回です。

e0101209_2024780.jpg

e0101209_20174328.jpg

浜駅からのかしのりを楽しんだあと。

折り返しの列車を待った常陸小川駅のホームは
鉾田方面への乗客でひと時の賑わいを見せていました。

e0101209_20244550.jpg


e0101209_20251340.jpg

この駅は、石岡駅との間のみ往復する区間列車があるため、
他の駅よりは普段から乗降客が多い駅ではありますが、
この日のような賑わいは、なかなか見られなかった事でしょう。

むしろ、普段からこれだけの乗客がいれば、今回の廃線という
結末は無かったに違いありませんが…。

都心のラッシュ並みとまではいいませんが、昼下がりの鶯谷駅
(微妙な例えですが…)くらいの人はいたと思います。
もちろん、ほぼ9割以上(100%かも?)の人は、最後の記念にと、
かしてつの姿を見にやって来た人だったはずです。
特に、小さな子供連れ(我々もそうですが)の姿が目に付きました。








e0101209_2030586.jpg

感慨深げにカメラを構える親たちをヨソに、子供たちは普段と違う光景を
ただ単純に喜んでるように見えました。
まぁ、とぉ娘。やしーちゃんのように、ローカル線慣れしてる小学校1年生も
そうは居ないと思いますが(笑)。

そして、浜駅まで戻ってきました。
ちょっと名残惜しいですが、この日の小旅行はそろそろ終わりです。

e0101209_2038279.jpg


冬枯れの浜駅がちょっと寂しげです。
前回来た時には、セイタカアワダチソウの鮮やかな黄色と
色とりどりのコスモスで彩られていたのに…。

まだ固い蕾の桜の木が満開を迎えるころ、もうこの線路が鳴る事はないんですね。

3月までにもう一回くらいは来たいなぁ。
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-02-12 20:38 | 「鉄」なとーむす。
モニュメント
「かしのり」で浜駅からの到着駅に選んだ「常陸小川駅」。
列車交換のある、複数ホームがある駅ですが…。

ホームの横には、かつて貨物列車を牽引していた、
DD901がまるでモニュメントのように停まったままになっていました。

e0101209_23141592.jpg


e0101209_2316656.jpg




車体はすっかり色褪せ、錆が浮いた姿に一抹の寂しさを覚えます。
もう何年ここで雨曝しになってたんでしょうか。
























e0101209_23173325.jpg

e0101209_23182031.jpg

e0101209_23185737.jpg

すぐ隣は、列車が走る線路です。

でも、この線路に列車が走るのも、もうあとわずか…。
新しく見える汽車ですが、その後はどこへ行くんでしょうね。
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-02-10 23:21 | 「鉄」なとーむす。
鉄ちゃん
てっ-ちゃん【鉄ーちゃん・てっちゃん】

1.「鉄男」「鉄也」などの名前の男が、仲良くなった友人に最初に呼ばれる渾名。
2.ドラマ「華麗なる一族」で木村拓哉演じる「万俵鉄平」が、昔の恋人役の稲森いずみに
  この名前でよばれるシーンで、やはりこのドラマも全国1000万人キムタクファン(女房談)
  のためだけのドラマだったんだなぁ、と思わせるもの。
3.鉄道愛好家

もちろん、ここでは3.の意味が正しいのですが…。

e0101209_227337.jpg

at桃浦駅

e0101209_2284612.jpg

at 桃浦~八木蒔 間

e0101209_2295367.jpg

at 浜駅

e0101209_22104164.jpg


at 常陸小川駅

この日は本当に沢山の鉄ちゃんが出没しておりました。
沿線の撮影スポットとして名高いと思われる場所には、それぞれ
5台以上の三脚が立ち並び、手持ちで撮影してる人も含めると
その数は数え切れないほどでした。

満員の車内にも、首からカメラをぶら下げた鉄ちゃんでいっぱい。
(もちろん我々もそうなのですが)
地元の利用者はほとんど居なかったのでは?と思えるほどでした。


最近話題になった、内房線のSLほどではもちろんありませんが、
ちょっとしたラッシュの様相でした。

廃線を惜しむ気持ちはみんな同じなんですね。













e0101209_22152139.jpg

車内から小川高校下駅をのぞむ  

e0101209_22233759.jpg
     
バズーカ砲 at 小川高校下駅

e0101209_22241465.jpg

車内より浜駅をのぞむ

50なん人、鉄ちゃんがいたよぉ~
という、とぉ娘。の大袈裟ななカウントもあながち間違ってないかもしれません…。
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-02-09 22:26 | その他の鉄道写真

| ページトップ |