Top
<   2007年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
雨のあじさい寺
SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG MACRO HSM

e0101209_23462252.jpg

6月生まれ、雨の季節に生まれた私が大好きなアジサイの花。
やはり、雨の季節の花は雨が似合うと思っています。

ところが、今年は梅雨入りしてからというのも、夏のような強い日差しの日が続き、見頃を迎えたアジサイの花も心なしかバテ気味のように見えていました…。

そんな、ある休日。
午後から、ぱらぱらと雨が降り出しました。

「どこに遊びに行こうか?」と家でゴロゴロと考えていた、私はやっと来たチャンスとばかりにトップモデルを誘って今シーズン3回目となる本土寺へと出かけました。















e0101209_23511288.jpg

e0101209_23515520.jpg

e0101209_23522333.jpg

e0101209_23525294.jpg

ぱらぱらとした雨は、降ってるのか振っていないのか解らないくらいでしたが、写真的には効果大だったようですね。
しっとりとした色合いと、見物人の傘の花が、見事に咲き誇った紫陽花の境内に実に似合います。


できれば、三脚使って撮りたかったところではありますが・・・。




でも、ずっと狙っていた「雨の中の紫陽花withとぉ娘。」
やっと撮る事ができました♪














e0101209_23554355.jpg

[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-06-30 23:57 | 風景
ちょっと愚痴です。
ちょっと愚痴をこぼします(笑)

右から左へ受け流してください・・・。

と。思ったんですが、UPしてコメント頂くと、何かひじょーに暗い内容だったなぁ・・・と思いまして、内容は消させていただきました。

らしくないっすよね。

やっぱ、明るくいきましょう!


コメントいただいた、hbpapaさん、SIG-Rさん、ありがとうございました。
おかげですごく勇気づけられました。

後ほどお返事させていただきますね。
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-06-30 11:02 | その他
満開のあじさい寺
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6DC (1~5枚目)
SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG MACRO HSM (6・7枚目)

ようやく梅雨らしい日が続くようになりましたね。

室内での撮影が楽しめるアイテムが揃ったというのに、今週は大阪に出張でカメラに触れませんでした。
もっと色んな場面で撮影したものをUPしたいところでもありますが、季節外れになる前に撮り貯めてるアジサイの写真を…。

e0101209_2250140.jpg

つい先日、ちょっと時期尚早だった本土寺の様子をUPしましたが、その2週間後、6月17日に訪れた時の様子を紹介したいと思います。

e0101209_22521346.jpg
この頃は、梅雨入りしたというのに夏のような日が続いていた頃ですね。
日当たりの良い場所では、花たちもちょっと疲れ気味になっていました。

← の構図は、ここ本土寺では定番のもの。
ですが、ここはやはり午前中に来ないとダメですね・・・。特に天気が良い日だと、青空をバックに綺麗な写真が撮れるんですが。


この日、主に使ったレンズはSIGMAの18-50mm。
普通であれば一番使用頻度が高いレンズなんでしょうが(「標準」ズームっていうくらいですからね)、実は私にとってはあまり使用頻度が高いものではないんです。
元々、風景写真を苦手としている私としては、まだまだ勉強不足だなぁ・・と思い知らされるものとなりました(><)




↓ のようにモデルが入れば、それなりの写真だと思うんですけどね(笑)








e0101209_2258780.jpg

e0101209_22594551.jpg

この日は、見頃を迎えたアジサイの名所という事で、すごい人手でした。
遊歩道はどこも人の波が途切れる事はありません。

ところで ↑ の写真、とぉ娘。見つけられます・・・よね?

e0101209_232599.jpg

e0101209_2323210.jpg

いやいや、さすがは名所。
満開になった庭園は見事の一言ですね。

e0101209_2334113.jpg

でも、せっかく雨対策の小道具揃えたのになぁ・・・。
出番が無いや。
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-06-29 23:04 | とぉ娘。(とーむす)
ご報告
新レンズ導入への、沢山のコメント&アドバイス、本当にありがとうございました。
F2.8通しのズームレンズを薦めていただいた方、SIGMA30mmF1.4を押していただいた方、
純正35mmF2をプッシュしてくれた方、皆さんからのご意見、本当に参考になりました。

何より、まるで自分の事のように熱心に考えてくださってくれた事がとても嬉しかったです。
POKOパパさんのように「1ヶ月レンズ貸し出しますよ」と仰っていただいたり、rumさんのように
「レポートお届けします」と申し出ていただいたり…。

ブログでのお願いに、こうも暖かい反応をいただけた事に、感激しております。

この場をお借りしまして、お礼申し上げます。

結果をご報告させていただきますね♪
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-06-26 22:53 | カメラ&レンズ
イナカが好きじゃない、といつも言ってるママが小湊鉄道に来たわけ。
SIGMA 18-50mm F3.5-56DC
AF Nikkor 50mm F1.8D (3枚目のみ)


さて、前回の続きです。
普段からイナカ方面に全く感心を示さない…というか、むしろ敬遠していたママの足を
小湊鉄道へと向かわせた理由とは・・・。

e0101209_21331848.jpg

「ねぇ~、たまには3人で小湊行こうよぉ~」という、とぉ娘。の微笑みではなく・・・。

e0101209_2135169.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・冷えたビールです(笑)

e0101209_21361188.jpg
実は、この日食事を取ったところは1週間前、いつものように二人でやってきた時に発掘した「養老茶屋」という食事処なんです。

← は1週間前の写真。

ここは、養老渓谷の温泉街から更に奥へと入り、もうちょっとで粟又の滝、という頃右手に現れる質素な手作りの建物。味のある手書きの看板が目印です。

「ここは絶対ママが気に入るに違いない!」
という、二人の思惑は見事に嵌ったわけです。






↓ の写真のように、テラス席(これも手作りだそうです)からは、房総の山々を望みながら、遠く渓谷を流れる水の音と野鳥の声をBGMに食事が出来ます。






e0101209_21453745.jpg


名物料理は、1日限定30食の「山菜天ぷら定食」¥1,000。
オーナーがその日の朝摘んできた地の山菜を、上げたての天ぷらで頂けます。

e0101209_21485038.jpg

この日は、ウドの新芽、芽ニラ、桜の芽葉、ドクダミ、山椒の葉、大葉・・・など。
どれも独特の苦味がありますが、新鮮で身体中が綺麗になりそうな美味しさです。
かまどで炊いた筍ご飯、とこれも具沢山の山菜入りのお味噌汁が、ついています。
とーむす。も「おいしーー!」とバクバク食べていました。春先には、タラの芽や菜の花、わらび、ぜんまいなどが並ぶそうで、その時期にもぜひ来たくなっちゃいますね。都会ではなかなか味わえない贅沢ですよ♪

e0101209_21545853.jpg

そして、もう一つの楽しみが6/1に解禁になったばかりの鮎。
囲炉裏でじっくり塩焼きされた鮎は、そりゃぁ~もー絶品です♪

ママが食べた「筍づくし御膳」¥1,200もなかなかです。
この時期は、普通の筍ではなく「和筍」(だったかな?)という、アクの無いものが、焼き筍や若竹煮で出されます。ママは、「この若竹煮おいしーーー!」と大喜びでした。

e0101209_21591648.jpg

もう一つ、とーむす。が喜んだのは、この茶屋の看板犬「チョンマル」と「ジョンコ」。
お客さんに遊んでもらうのが大好きなワンちゃんです。すっかり仲良しになったふたり。

話好きのオーナーとママが話しこんでる間も、ずっと遊んでいました。

e0101209_2221224.jpg

悔しいけど、こんな表情はママと一緒の時しか見れませんな・・・。
でも、ファインダー越しにいつまでも見ていたい顔です。


実は、もう一つオチがありまして・・・。
この日の一番の目的は「ロマンの森共和国」というところで、蛍を見る事でした。
房総半島の真ん中にある、千葉県有数の蛍鑑賞スポットで風情を楽しもうという狙いなんです。

残念ながら写真は撮れませんでしたが、これもなかなかのモノでした事をご報告しておきます♪
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-06-25 22:10 | とーむす。と小湊鉄道
ママが小湊鉄道にやってきた。(8ヶ月ぶり2回目)
SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG MACRO HSM

前回UPした、月崎駅への訪問から1週間後。
再び、小湊鉄道の月崎駅へやってきました。

e0101209_22552494.jpg

今回もしゃぼん玉で遊んでる、とぉ娘。は最近お気に入りのワンピースばかりを着ています。
なので「あれ?この前の続き?」って思われる人も多いと思いますが・・・。

今回はママが一緒なんです。珍しいでしょ?

e0101209_2331674.jpg

e0101209_22564915.jpg

とぉ&とぉ娘。がいつも嬉しそうに小湊鉄道へ出かけるのを、「君たちはイナカが好きだねぇ~」「私は、都会育ちだからちょっとね・・・」「ムシいるじゃん!」とか何とか言って、いつもは一緒に来ようとしないママが何故か、今回は一緒についてきました。

普段は私と二人で、ひたすらのんびりしてるとーむす。も、実はママが一緒なのが嬉しいようで、表情もいつもとちょっと違うみたいです。

「え~、ママが一緒だと、早く帰ろうとかウルサイんだけどなぁ。」なんて言ってたくせにね(笑)

ちなみに、ママの小湊鉄道訪問は、去年の10月以来2回目。
まぁ、普通の感覚ではそんなに久しぶりでは無いんですけどね。









e0101209_234030.jpg


しばらく遊んだら、二人並んでホームに座って列車のお出迎えです。

e0101209_2352482.jpg

e0101209_2354963.jpg

「ばいばぁい~♪」
何気なく振った手に気づき、笑顔で手を振り返してくれた車掌さんに、大喜びのママ。
「手ぇ、振ってくれたよ!」と、ちょっとビックリした表情に、
「小湊の車掌さんは、みんな優しいから振ってくれるんだよ。知らなかったの?」と、とーむす。

ここでの事に関しては遥かに上級者の風格を漂わせておりました。

さて、なかなか誘っても一緒に来なかったママが、突然小湊鉄道沿線に現れるには・・・
当然、理由があります。

その理由は、次回で♪


-----------------------------------------------------------------------------------
↓ のレンズ選びの記事に、沢山のコメント&アドバイスありがとうございます。
大きな反響に、皆さんの熱い思いが伺えた気がします。

まだ、悩んでいる最中ですが、結果のほどは後日UPしたいと思います。

この場を借りて御礼申しあげます m(._.)m
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-06-24 23:12 | とーむす。と小湊鉄道
実は悩んでいます・・・
実は、今ちょっと悩み事があります…。

実は、毎月少ないお小遣いの中から「カメラ貯金」をしておりまして(もちろんママにはナイショです)。
これは、D200?のためのボディ投資のつもりで1年計画に基づいたものでありました。
ところが、人間の欲というのは押さえがきかないものでして・・・(笑)。

皆さんよくご存知の通り、私達父娘の楽しみの一つに「乗り鉄」があります。

e0101209_1112641.jpg

空いた列車で、のんびりと乗り鉄を楽しむ様子を写すには、やはり明るいレンズが重宝します。
こういう場面で、いつも私が使うのは、AF Nikkor 50mm F1.8。
ちょっと光量不足になりがちな場面でも、柔らかい感じで撮れるこのレンズは、非常に使用頻度が高くなっております。

e0101209_1171222.jpg
しかし、最近「もっと画角が広いレンズが欲しいなぁ」と思うことが多くなりまして…。
列車の中もそうですし、美味しいご飯を食べる時なんかでも50mmじゃ、収まりきらないんですよねぇ・・。

そこで、一大決心をしました。
レンズを買おう!と。

今回の目的から、候補はほぼ2つ。

AF Nikkor 35mm F2か、
SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSMです。

もう一つ、SIGMAかTAMRONの標準F2.8通しズームも考えたんですが、やはり単焦点かなぁ・・・と。

価格comや、雑誌などいろんな情報を収集し検討したんですが、完全に迷ってしまいました・・・。調べれば調べる程、どちらも良く思えてきまして(><)









そこで、出来ましたら皆様のご意見を伺いたく、今日の記事をUPしました。
一応、予算は¥40,000前後までと思っております。
「そんなのやめとけ!」ってご意見も含めまして(笑)、遠慮の無いお話をいただけましたら、嬉しいです。

よろしくお願いします m(._.)m
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-06-23 11:19 | カメラ&レンズ
兄貴の誕生日
今日、6月22日は兄貴の誕生日です。

とはいっても、実の兄貴ではなく、中学の時に引っ越した先のすぐ近所に住んでいた2つ上の先輩の話です。
中2の夏休み、父親の仕事の関係で引っ越した私は長い休みをどう過ごすか途方にくれていました。そんな私を既に卒業していた中学の野球部の先生に紹介してくれ、夏休みから練習に参加するように働きかけてくれたのが彼でした。

年の離れた妹しかいなかった私と、一人っ子だった彼。同じ球児という事から、私は彼を「ケンジさん」と呼び、実の兄のように慕っていました。彼は中学卒業後、地元の野球強豪高へ進み、2年生からレギュラーを取って甲子園を目指す球児でもありました。彼もまた、私の事を「カツ」と呼び、高校での厳しい練習の日々の中、私に色々と目をかけてくれては可愛がってくれていました。彼は同じキャッチャーの私に、「いいか、カツ。キャッチャーちゅうんは、試合でも練習でも一番元気で熱くなっちょかな、いかんバイ。けんど、それでおって頭ン中は一番冷えとらないけん。それに、弱気になったら仕舞いじゃ。迷ったら、ど真ん中にミットば構えてどーんと来んしゃい!って言いよればよか!どげーかなりけん。」と口癖のように話てくれました。

e0101209_2274314.jpg
つい先日の誕生日で、40歳になった私。
2つ上のケンジさんは、今年もまた年を重ねない誕生日を迎えました。
彼は、今も18歳のままでいるんです。


中学を卒業、彼とは違う高校へ進んだ私は当然野球部に入りました。
ケンジさんは、3年生。強豪校の主将として、強肩強打のキャッチャーとして県内でも知られる存在になっていました。
しかし、病魔が彼をあっという間に彼を蝕み、あっけない程に天国へと連れ去ってしまったのです。


6月22日。18歳を迎えるケンジさんの誕生日は、悲しい雨の日になってしまいました。
あまりの突然の出来事に、私は通夜でも告別式でも涙を流す事ができませんでした。何が原因なのか、今でも正確な事は知らないのですが、ウィルス性の病気だったという事らしいです。でも、そんな事はどうでも良かった…。別の学校のチームの一員となった私に「お前はお前のチームがある。もし、試合する事になったら、手加減はせんぞ?」と笑っていたのが、ほんの数週間前だったのに・・・。

そして、私も、そして彼を失った彼の学校も悲しみの中、夏の予選を迎えました。
準々決勝で、彼のチームと私のチームが対戦することになりました。その夏、第2シードだった彼の学校は中心選手だったケンジさんを失いながら、接戦を勝ち上がってのベスト8。ベンチに入れなかった私はスタンドから彼が立つはずだったグラウンドを複雑な思いで見ていました。
試合は、序盤つけた6点差を終盤ひっくり返した彼のチームの勝ちでした。3塁側にスタンドから正面に見えた1塁側のベンチの一番前には、彼の遺影が試合を見守っていました。そして、彼のチームはその年、初の甲子園出場を勝ち取ったのです。

e0101209_22274794.jpg
接戦を勝ち上がった、その戦いぶりに新聞やTVは、ケンジさんの事をクローズアップして取り上げていました。
私は、何か彼が美談の主にされてしまっている事に、違和感を感じ、ほとんどその報道を見ようとも聞こうともしませんでした。

しかし、ある日偶然ある新聞のインタビュー記事に目が留まりました。



答えていたのは、彼のチームのエース。やはり同じ中学の出身で、彼の親友でもあった人でした。


「大会中、ずっとケンジの声が聞こえていました。元々気が弱かった僕が投げとおせたのも、あいつがいつも、困ったときにど真ん中に構えていたミットを思い出したからだと思います。どーんと来んしゃい!って声が何回も何回も聞こえました。」
キャッチャーがど真ん中にミットを構える事は、すごく怖いし、勇気が必要なことです。
そんな弱気になりそうな心を隠して、ど真ん中にミットを構えた彼。

この記事を母に見せると、病状が悪化してうろたえる彼のお母さんに、「大丈夫だよ。何とかなるもんやけん。」と最後まで笑顔で話していたこと。最後の最後まで、親友のエースピッチャーの事を心配していたこと。そして、「負けんばい。負けんけど、ちょっときつかぁ・・・」が最後の言葉だったこと。そんな事を教えてくれました。彼がどれだけ不安だったか、どれだけ怖かったか・・・。でも、最後まで弱気なところを見せなかった姿を知り、私は彼の死後初めて泣きました。
二人でキャッチボールをした空き地で、大粒の涙を流した事は、今でも鮮明な記憶となって残っています。
空き地の脇には、青いアジサイが咲いていたことも・・・。

あれから、20数年・・・
今でもこの時期になると、彼の無骨だけど、爽やかな笑顔、豪快な笑い声を思い出します。
そして、一心にボールを追いかけていた日々を。

永遠に18歳のままのケンジさんは、今の高校生の姿をどう感じてるんでしょうか。

e0101209_2302796.jpg

もうすぐ、夏がやってきます。世界で一番熱い夏が。
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-06-22 23:05 | 高校野球
dpc2 7月号
今日は20日。
雑誌「デジタルフォト」の発売日です。

e0101209_21105979.jpg

あ、私は決してソフトバンククリエイティブ(発行元)の回し者じゃないですよ(笑)。

実は、先月号で次点であったとはいえ「添削教室」のコーナーに掲載された事に
気を良くした私は、無謀にも今月も作品を応募していたのでした。

今回は「掲載のお知らせ」が来ないなぁ~・・・なんて思っていた6月15日。

この度は「フォトコンテスト : dpC2部門」へのご応募ありがとうございました。
審査の結果、ご応募いただいた作品の入選が決まりましたので、
失礼ながらメールにて、ご連絡させていただきます。

作品は6月20日発売「7月号」にて掲載されます


おおおぉ!入選メールキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

という事で、発売日の今日は仕事も早々に片付けて(笑)本屋へGO!です。

e0101209_21175565.jpg

えっと、入選かぁ。
なになに・・・夕陽で輝くレールの軌跡が彼女の未来へ続いてるようです。
えへへ♪褒められちゃったよ♪
どれどれ・・・シチュエーションはばっちりですし、娘さんの配置もいいのですが、全体的に見ると構図が平凡なんですよね。

ぐっ・・・やはり構図か・・・。
前回も同じような指摘受けてたなぁ(><)。

よっしゃ、今度からは「構図」に拘って撮ってみよう。
もう一段レベルUPできるかな?

e0101209_21273981.jpg

e0101209_21283161.jpg
受賞作 ↑ タイトルは「線路の上を」。



最後まで ← の写真とどちらを応募するか迷ったんですが、
敢えて電車が入ってないほうを選んだのが正解だったみたいですね。



しかし、前回とは違った嬉しさです。
写真って自分が気に入ったものが撮れれば、それが一番だと思うのですが、
こうやってプロに評価されるというのは、やはり励みになります。

そもそも、ずっと体育会系でおよそ芸術的な分野とは無縁だった
私が写真で賞をいただけるなんて。

これも、日頃からブログに遊びに来ていただきコメントを残してくださる
皆さんのおかげだと、感謝しております。


これからも、よろしくお願いします m(._.)m
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-06-20 21:35 | フォトコン
あじさい通り。
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6DC (1・2枚目)
SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG MACRO HSM (3・4枚目)
TAMRON SP AF 90mm Di MACRO 1:1 (5・6枚目


流山市に、知る人ぞ知る紫陽花の名所があるという話を聞きつけました。
元ネタは、地元のフリーペーパーというか情報誌で出ていたという女房の話。

なんでも「あじさい通り」というところらしい。

e0101209_2322389.jpg

e0101209_2353539.jpg
土曜日の朝6時前、地図も無く何となく不確かな「あの辺らしいよぉ~」という女房からの情報だ
けを頼りに探しに出かけてみました。もちろん休日の朝が以上に弱い女房子供を家に残して…。
そして、住宅街のど真ん中、案内板も看板も無いんですが、いきなりその通りにたどり着きました。
「あじさい通り」とだけ書かれた、小さな看板が一つ。でも、住宅地の脇の斜面には約500mに渡って見事な紫陽花が咲き誇っていました。







e0101209_23111510.jpg

e0101209_23113610.jpg

この「あじさい通り」は、元々木々が生い茂った山だったところを、「きちんと手入れするから」という条件で住民の一人が地主に交渉、ご近所や自治体と協力しながら自分達で手入れして紫陽花を植えていって出来上がったそうです。
ここまでの規模になるまでは、相当大変だったに違いありません。


今では、ここに住む方々の自慢の種なんでしょうね。
撮影をしていると、次々に自宅から出てきて住民の方が話しかけてきました。

「今朝はいい天気だから、綺麗な写真が撮れますね。」
「本土寺に行くとお金取られるけど、ここならタダですからね。」
「今年は開花も早いけど、ガクアジサイがイイ感じだよ。」

通りの奥方からやってきたおじいさんが、「ウチのほうは○○○(品種名聞いたんですが失念してしまいました)が綺麗に咲いてるよ。」・・・

これって、きっとクリスマスのイルミネーションで家を飾った人が、それぞれ競いながら町並みを作っていくのと同じ感覚なんだろうなぁ・・と思いました。











e0101209_2322897.jpg

e0101209_2322417.jpg

本土寺とは、また違った趣のあるスポットでした。

多分、そんなに知られてないんでしょうね。次の日のお昼に通りかかってみても、ぱらぱらとした人がいませんでした。
まだ楽しめるんじゃないでしょうか?お近くの方はぜひどうぞ。場所は「あじさい通り 流山」で検索すると出てくると思います。

あ、住宅地ですので駐車等のマナーには気を配りたいですね。
[PR]
Top▲ | by to-oh | 2007-06-19 23:25 | 花・植物

| ページトップ |